よむ DAYZ.

メニュー

おいしいだいずでくらしをゆたかに

loading

普通の顔

2017年3月6日(月)
作詞・作曲 / 東郷 清丸 / KIYOMARU TOGO

普通の顔


はやく飽きるほど浴びな
そんで次にいこうよ、はやく
あっという間に普通がふつうの顔をして
別のフツーにすり替わっていく
忘れられた街角のグラフィティ
描いたやつのことを考える
どこかにいる かならず

普通の顔


はやく飽きるほど浴びな
そんで次にいこうよ、はやく
あっという間に普通がふつうの顔をして
別のフツーにすり替わっていく
忘れられた街角のグラフィティ
描いたやつのことを考える
どこかにいる かならず

東郷 清丸 / KIYOMARU TOGO
シンガーソングライター

横浜出身のシンガーソングライター

TOP

関連記事

めざめ

めざめ

Column by : KIYOMARU TOGO

やれることしかできないぜ、僕ら 許しながらでもつきあっていかねば ユートピアの東口で待ち合わせ 予感よどうか消えないでくれ だれかが隠せば隠すほど覗くのが楽しく…

つづきをよむ

2017.03.24 FRI

こらむ

2017.03.24 FRI    |    こらむ

風車

風車

Column by : KIYOMARU TOGO

壊れて動かない風車の下でまだ風を待っている そんなことしている場合じゃないなんて これしかできないのに のっぺりと冷たい退屈なコンクリート そこに花をひとつ添え…

つづきをよむ

2017.03.10 FRI

こらむ

2017.03.10 FRI    |    こらむ

半透明

半透明

Column by : KIYOMARU TOGO

行間しかない手紙が届いて 朝陽に透かして少しずつ読み込む 舌の上はざらついたままだ 何かが不足してるのかもしれないけど まあいいか なんて また怒られるかもしれ…

つづきをよむ

2017.03.09 THU

こらむ

2017.03.09 THU    |    こらむ

摩天楼

摩天楼

Column by : KIYOMARU TOGO

あの街には計画通り 人の山溢れかえって すごいスピードで追い越されていく ビル風に横から殴られる そんなに急ぐ必要あるのかい 向こうは赤に変わるところで どうせ…

つづきをよむ

2017.03.05 SUN

こらむ

2017.03.05 SUN    |    こらむ

オーロラ

オーロラ

Column by : KIYOMARU TOGO

無闇に照らしてばかりでは暗闇に目がなれないぜ 怖がらないで 大丈夫 手を触りあって 誰にも見えていないオーロラがいま 街の上空に ゆらめいて 包まれて 僕の中を…

つづきをよむ

2017.03.01 WED

こらむ

2017.03.01 WED    |    こらむ

夜未満

夜未満

Column by : KIYOMARU TOGO

私鉄の待合室はひっきりなしの出入り 青い大鉄橋を夕焼けが赤く照らして 何かを愛するために何かを貶めるなんて ざまあみろと言うために生きてるわけじゃないのに

つづきをよむ

2017.02.28 TUE

こらむ

2017.02.28 TUE    |    こらむ

笑う

笑う

Column by : KIYOMARU TOGO

バランスのとり方 忘れよう 覚えたてHOW TOも捨てよう なにもない原っぱで踊る 鍋底にこびりついたまま うらめしそうにこっちを見ている どうしようもないぜ …

つづきをよむ

2017.02.26 SUN

こらむ

2017.02.26 SUN    |    こらむ

ただそこにある

ただそこにある

Column by : KIYOMARU TOGO

疲労でさえ ぼんやりとしている 大通りはなんとなく避けてあるく 川底に沈んだ土にまみれた ビニール袋を照らし出す陽射し 世界は歓迎もしなければ なんら拒絶もして…

つづきをよむ

2017.02.25 SAT

こらむ

2017.02.25 SAT    |    こらむ

平熱でやりたい

平熱でやりたい

Column by : KIYOMARU TOGO

見えてないからといって無くなったわけでもないのに 難しい顔ばかりして ついとってしまった威嚇体勢 平熱でやりたいんだこっちは 変速機なんかなくても 平熱でやりた…

つづきをよむ

2017.02.21 TUE

こらむ

2017.02.21 TUE    |    こらむ

笑い皺が不気味

笑い皺が不気味

Column by : KIYOMARU TOGO

そこここに燻っている不満の種 触れないように気をつけて すり減らしている 引っ込むタイプの毒針 光沢は鈍く 西の空にカラスが騒いでいる 笑い皺が 不気味

つづきをよむ

2017.02.20 MON

こらむ

2017.02.20 MON    |    こらむ

感傷をひとさじ

感傷をひとさじ

Column by : KIYOMARU TOGO

しっとり冷える宵の口 グラス片手に踊っている オンザロック 空振り 舌打ち オンザロック せめてもの抵抗が 無音で 虚しく 感傷をひとさじ

つづきをよむ

2017.02.19 SUN

こらむ

2017.02.19 SUN    |    こらむ

凪

Column by : KIYOMARU TOGO

枯れたわけではない つかえているだけさ 大丈夫 それがはずれれば一気に 吹き出してくる

つづきをよむ

2017.02.16 THU

こらむ

2017.02.16 THU    |    こらむ

寝坊

寝坊

Column by : KIYOMARU TOGO

もし今日で世界が終わるのだとしたら そもそもこんなにぐっすり眠れるわけがない つまりそういうこと なんら影響はない 今日の寝坊は。 お茶を一口飲んで ノビをして…

つづきをよむ

2017.02.15 WED

こらむ

2017.02.15 WED    |    こらむ

青年

青年

Column by : KIYOMARU TOGO

柔らかく弱いところを かばうように曲がっていく心 最後のトンネル抜けたら 席を立ち 近づく街 眺めてる 飲み過ぎた青年の肩は やけくそ気味に震えながら 間違えた…

つづきをよむ

2017.02.14 TUE

こらむ

2017.02.14 TUE    |    こらむ

ろくでもなくても

ろくでもなくても

Column by : KIYOMARU TOGO

立つ鳥が濁した跡の水面に残る マーブル模様にみとれてしまった 探し物は刻々と形を変える 追いつきたいのなら 今すぐに 全てを捨てて 感じるだけ

つづきをよむ

2017.02.13 MON

こらむ

2017.02.13 MON    |    こらむ

青い電車

青い電車

Column by : KIYOMARU TOGO

リュックのベルト いまいちキマらない 昨日をかき消すためのミントガム 恨んだって損をするばかりさ 車幅感覚なくした人たち 増4号車両に飛び乗って すべて決められ…

つづきをよむ

2017.02.12 SUN

こらむ

2017.02.12 SUN    |    こらむ

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。
自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。
おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。
お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。
気軽に まで、お問い合わせくださいませ。

TOP

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。

自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。

おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。

お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。

気軽に まで、お問い合わせくださいませ。