よむ DAYZ.

メニュー

おいしいだいずでくらしをゆたかに

loading

You are what you eat #005「シンプルイズベスト」

2015年10月14日(水)
illust : akira muracco , text : renna hata

You are what you eat #005「シンプルイズベスト」

You are what you eat #005「シンプルイズベスト」

その風が吹き抜けていったとき、わたしは

「あ」

と、思った。

うまく言えないけれど、なんだかその風が吹く前と吹いた後では見える景色も、光のあかるさも、確かに変わったのだ。

たまっていた有休をぜんぶ使ってここに来た。
1人で旅行するのは初めてだった。

今朝、今日も海に行くのかと聞かれて、そうだとこたえると、民宿のおばちゃんはいそいそと台所に消えて、それからずしりと重たい包みをもたせてくれた。

包みの中身はおむすびだった。東京では見慣れない古代米の塩むすびは、もちもちしていて噛めば噛むほどほんのり甘い。ただのお米と塩だけなのに。

目の前には、空と海しかない。
可笑しいくらいにすべてが単純。すべてが簡単。

真っ白な砂に、色のはげた足の爪先をうずめて、わたしはふくれていくお腹につたっていく水滴のあたたかさを感じていた。

You are what you eat #005「シンプルイズベスト」

You are what you eat #005「シンプルイズベスト」

その風が吹き抜けていったとき、わたしは

「あ」

と、思った。

うまく言えないけれど、なんだかその風が吹く前と吹いた後では見える景色も、光のあかるさも、確かに変わったのだ。

たまっていた有休をぜんぶ使ってここに来た。
1人で旅行するのは初めてだった。

今朝、今日も海に行くのかと聞かれて、そうだとこたえると、民宿のおばちゃんはいそいそと台所に消えて、それからずしりと重たい包みをもたせてくれた。

包みの中身はおむすびだった。東京では見慣れない古代米の塩むすびは、もちもちしていて噛めば噛むほどほんのり甘い。ただのお米と塩だけなのに。

目の前には、空と海しかない。
可笑しいくらいにすべてが単純。すべてが簡単。

真っ白な砂に、色のはげた足の爪先をうずめて、わたしはふくれていくお腹につたっていく水滴のあたたかさを感じていた。

illust by  / akira muracco
イラストレーター

1993年生まれ。浜松市在住のイラストレーター。 2014年よりイラストレーターとしての活動を始め、ELLE girl などの雑誌や WEB マガジンなどで活躍中。2015年には My Hair is Bad の CD ジャケットのアートワークを手がけミュージック・イラストレーション・アワード 2016に選出される。2016年、東京・富ヶ谷にある小さな複合型コンセプトストア INN / THE LATTE TOKYO をジャックするポップアップストアを展開。 2016年11月には東京・末広町の PARK Gallery にて東京で初の個展を開催。

秦 れんな / renna hata
編集・ライター

校正家である父親と、愛読家である母親の影響で幼少期から本に囲まれて育つ。大学卒業後、出版社、コスチュームジュエリーブランドに勤務。2015年、編集・ライターを勤める傍ら選書や本の紹介するサイト「女と本のあるふうけい」をスタート。BOOK キュレーターとしても活動する。

TOP

関連記事

You are what you eat #092「浮かぶカラダ」

You are what you eat #092「浮かぶカラダ」

Column by : akira muracco , micco

さんさんと降り注ぐ太陽に思わず目を細める。顔の横から滴る水滴は、ぽたっとコンクリートの上に落ち、そして乾いて消えた。冷えたグラスもぶわっと汗をかいている。光と共鳴し…

つづきをよむ

2017.08.09 WED

こらむ

2017.08.09 WED    |    こらむ

You are what you eat #091「紙に閉じ込めた宇宙」

You are what you eat #091「紙に閉じ込めた宇宙」

Column by : akira muracco , micco

体の至るところから滴る汗が皮膚を濡らした。ぬぐってもぬぐってもきりが無い。地球という船に乗って進む宇宙旅行は太陽の近くを通り過ぎているようだ。 川のほとりにあるその…

つづきをよむ

2017.08.02 WED

こらむ

2017.08.02 WED    |    こらむ

You are what you eat #090「灼熱の中の氷」

You are what you eat #090「灼熱の中の氷」

Column by : akira muracco , micco

大きな光源が世界の裏側を照らし始めた頃、こちらの世界に住む人々は、足早に寝床へと戻った。窓から漏れる灯りと晩ごはんの匂い、それから笑い声。みんながそれぞれ屋根の下で…

つづきをよむ

2017.07.26 WED

こらむ

2017.07.26 WED    |    こらむ

You are what you eat #089「時間の大移動」

You are what you eat #089「時間の大移動」

Column by : akira muracco , micco

沢山の土にもまれ、たくさんの感情を抱き、あっちこっちに寄り道しながら育まれる。夏の熱い太陽の陽射しを受けて成長し、眩しいほど鮮やかなお化粧をしている。はち切れんばか…

つづきをよむ

2017.07.19 WED

こらむ

2017.07.19 WED    |    こらむ

You are what you eat #088「今日がやってくるということ」

You are what you eat #088「今日がやってくるということ」

Column by : akira muracco , micco

網戸をするりと抜けて入ってくる風は夏の隙間に隠れる冷たい空気だった。町中をもったりとした暖かい空気が漂っていると思っていたのに、それが全てではなかったらしい。だらだ…

つづきをよむ

2017.07.12 WED

こらむ

2017.07.12 WED    |    こらむ

You are what you eat #087「緑のお化粧」

You are what you eat #087「緑のお化粧」

Column by : akira muracco , micco

じりじりと暖められた部屋の温度はぐんぐんと上がり、おでこに汗が滲んできたところで目が覚めた。ああ、朝だ。 ベッドに沈んだ体をゆっくり剥がし、上下にぐいんと伸びをする…

つづきをよむ

2017.06.21 WED

こらむ

2017.06.21 WED    |    こらむ

You are what you eat #086「アイスが溶けるまで」

You are what you eat #086「アイスが溶けるまで」

Column by : akira muracco , micco

グラスの中は綺麗なブルーをしている。この青色を見るといつも心が踊る。子供の頃から変わらないわたしのひとつ。それと同時に塗り固められた現実がすぐ後ろに見え隠れし、体の…

つづきをよむ

2017.06.14 WED

こらむ

2017.06.14 WED    |    こらむ

You are what you eat #085「Y字型の交差点」

You are what you eat #085「Y字型の交差点」

Column by : akira muracco , micco

ぼうっとパソコンの前に座っていると、あっという間に夜が深くなっていた。窓の外は1日中、人の声が聞こえる。口から勢いよく出た音はすとんとコンクリートの上に落ちる。そし…

つづきをよむ

2017.06.07 WED

こらむ

2017.06.07 WED    |    こらむ

You are what you eat #084「わたしの中心はいつもここにあって、」

You are what you eat #084「わたしの中心はいつもここにあって、」

Column by : akira muracco , micco

手を伸ばしても届かない向こう側はいつもキラキラ輝いている。どうして特別な日しか買ってくれないの、と隣の女の子はショーケースにぺたりとくっついて聞いた。 晴れの日もあ…

つづきをよむ

2017.05.31 WED

こらむ

2017.05.31 WED    |    こらむ

You are what you eat #083「まわる地球、まわる私、」

You are what you eat #083「まわる地球、まわる私、」

Column by : akira muracco , micco

ぽっかり抜け落ちたところを埋めるものを見渡すために辺りをくまなく探してみた。 いつもそこにあったものがなくなると宇宙に放り出されたような感覚が続く。そこは真っ暗で終…

つづきをよむ

2017.05.24 WED

こらむ

2017.05.24 WED    |    こらむ

You are what you eat #082「一寸先の光」

You are what you eat #082「一寸先の光」

Column by : akira muracco , micco

こっちの世界と向こうの世界は同じ時を刻んでいるはずなのに、ある時はどーんとゆっくり流れ、ある時はしゅんしゅんと駆けていく。 わたしがここで常に求めているもの、誰にも…

つづきをよむ

2017.05.17 WED

こらむ

2017.05.17 WED    |    こらむ

You are what you eat #081「するするする、と」

You are what you eat #081「するするする、と」

Column by : akira muracco , micco

雲はうんと高いところをするすると流れる。窓を開けると、雲を運ぶ風が春の空気を含んだわたしの部屋はほんのすこし軽くなった。 そよそよと空気の流れに身を任せて歩いている…

つづきをよむ

2017.05.03 WED

こらむ

2017.05.03 WED    |    こらむ

You are what you eat #080「ほんとうの目的地」

You are what you eat #080「ほんとうの目的地」

Column by : akira muracco , micco

桜は完全に散り、太陽の陽射しがもこもこと生い茂る緑を輝かせる。その様子にどこか安心と癒やしを感じるのは、わたしの元のもとが自然から宿り、この命に繋がっているからのよ…

つづきをよむ

2017.04.26 WED

こらむ

2017.04.26 WED    |    こらむ

You are what you eat #079「醤油が漂うころに」

You are what you eat #079「醤油が漂うころに」

Column by : akira muracco , micco

春の訪れを知らせてくれるあれが今年も届いた。ごはんによく合うやつだ。毎年、遠くで暮らす祖母がせっせせっせとこしらえて、宅配便で届けてくれる。 この時期になると新鮮な…

つづきをよむ

2017.04.19 WED

こらむ

2017.04.19 WED    |    こらむ

You are what you eat #078「一日で出来上がった絨毯」

You are what you eat #078「一日で出来上がった絨毯」

Column by : akira muracco , micco

大きな大きなシンプルなケーキ。小学生の頃、学校から帰ってくるとテーブルの上に置いてあったこの素朴なケーキ。横にはちょこんと生クリームが添えてあって、わたしはいつも最…

つづきをよむ

2017.04.12 WED

こらむ

2017.04.12 WED    |    こらむ

You are what you eat #077「わたしを照らす月」

You are what you eat #077「わたしを照らす月」

Column by : akira muracco , micco

下弦の月だけが町を照らす深い夜。ふと目が覚めたわたしはのどが渇いているらしく、よろよろと台所へ向かった。 グラスに水を注ぐ。気泡を作りながら注がれた冷たい水は、グラ…

つづきをよむ

2017.04.05 WED

こらむ

2017.04.05 WED    |    こらむ

You are what you eat #076「隠し味のお天道様」

You are what you eat #076「隠し味のお天道様」

Column by : akira muracco , micco

ぎゅうぎゅう詰めの電車を降りて街を歩く。わたしの歩く道はほとんど日陰になっていて、とても寒い。太陽を隠してしまうほど、こんなにも大きな建物を作った人たちは、日の当た…

つづきをよむ

2017.03.29 WED

こらむ

2017.03.29 WED    |    こらむ

You are what you eat #075「空の下の木蓮」

You are what you eat #075「空の下の木蓮」

Column by : akira muracco , micco

木蓮の蕾が満開になった。日々、髪の毛をなびく風は暖かい空気を連れてくる。分厚いコートを羽織るのもあと少しのようだ。 人ひとり入るくらいの大きな鍋の中は里芋、こんにゃ…

つづきをよむ

2017.03.22 WED

こらむ

2017.03.22 WED    |    こらむ

You are what you eat #074「広がる、おいしい」

You are what you eat #074「広がる、おいしい」

Column by : akira muracco , micco

車をビュンビュンと走らせる。くねくねと立体的に交差する高速道路の美しさに、何処かで暮らす見知らぬ人の仕事を思う。ぶーんと山の中のトンネルをくぐれば、そびえ立つ山々が…

つづきをよむ

2017.03.15 WED

こらむ

2017.03.15 WED    |    こらむ

You are what you eat #073「手のひらにうつる春」

You are what you eat #073「手のひらにうつる春」

Column by : akira muracco , micco

冷えた手で冷えた手を握る。握られた方の手はほんのりとあたたかくなり、握っている方の手は冷たい風にぶつかってもっともっと冷たくなっていく。両方の手が丁度いいようにはな…

つづきをよむ

2017.03.01 WED

こらむ

2017.03.01 WED    |    こらむ

You are what you eat #072「散らばる粒」

You are what you eat #072「散らばる粒」

Column by : akira muracco , micco

大海原を照らす夕陽の光の粒はわたしの正面にずっと続く。ほかにその情景を邪魔するものは何もない。ただそこに、何百年、何千年と、来る日も来る日も海岸に打ちつける波が一定…

つづきをよむ

2017.02.22 WED

こらむ

2017.02.22 WED    |    こらむ

You are what you eat #071「グラスにうつる向こう側」

You are what you eat #071「グラスにうつる向こう側」

Column by : akira muracco , micco

ゆらゆらゆらゆらと揺らめき、出ては消えていく湯気はわたしの移ろいやすい感情とどこか似ている。 こうしよう、ああしよう、と少し先の空を見上げていたのもつかの間。人間の…

つづきをよむ

2017.02.15 WED

こらむ

2017.02.15 WED    |    こらむ

You are what you eat #070「はざまの空模様」

You are what you eat #070「はざまの空模様」

Column by : akira muracco , micco

暖かいおふとんに体温を残して、いつもより少しだけ早く起きた。 自転車をこぎながら東の方に目をやると、大地に沿ってうすくオレンジ色の光がある。その反対の少し高いところ…

つづきをよむ

2017.02.08 WED

こらむ

2017.02.08 WED    |    こらむ

You are what you eat #069「溶けだす印」

You are what you eat #069「溶けだす印」

Column by : akira muracco , micco

そこにいつもの風景はなかった。純白の雪がそっと覆い被さって、光は反射を繰り返し、目の前の景色は全ての悪をどこかへやってしまうような白で満たされていた。 一歩、前へ出…

つづきをよむ

2017.02.01 WED

こらむ

2017.02.01 WED    |    こらむ

You are what you eat #068「割烹着の後ろ姿」

You are what you eat #068「割烹着の後ろ姿」

Column by : akira muracco , micco

久しぶりに電車を乗り継いで、海のそばに暮らす祖母の家を訪ねた。近くには小さな商店街、精肉店や魚屋さんがあるような、海に続く川の流れと同じくらいに時計の針がちこちこと…

つづきをよむ

2017.01.25 WED

こらむ

2017.01.25 WED    |    こらむ

You are what you eat #067「からだに残る味」

You are what you eat #067「からだに残る味」

Column by : akira muracco , micco

おろしたてのコートを羽織り、靴紐を結びなおして外に出た。空気は相変わらず体をじわりじわりと冷やしていくけど、目の前に広がる世界は太陽のやわらかな光に満ちていて、昨晩…

つづきをよむ

2017.01.18 WED

こらむ

2017.01.18 WED    |    こらむ

You are what you eat #066「あたらしい一日」

You are what you eat #066「あたらしい一日」

Column by : akira muracco , micco

新しい太陽が昇ってきた。朝だ。新しい朝だ。目を瞑って全身で光を浴びる。朝一番の空気を目一杯、からだの中に取り込む。冷えた空気が隅々まで目覚めさせる。今日からまた、地…

つづきをよむ

2017.01.04 WED

こらむ

2017.01.04 WED    |    こらむ

You are what you eat #065「半透明な光」

You are what you eat #065「半透明な光」

Column by : akira muracco , micco

外が明るくなっていることに気付いて、布団から手を出して背伸びをする。ひんやりとした空気が服を抜けて、腕をキンと冷やす。ぐんと伸びた身体をドア越しに聞こえる音をたより…

つづきをよむ

2016.12.28 WED

こらむ

2016.12.28 WED    |    こらむ

You are what you eat #064「魂の海」

You are what you eat #064「魂の海」

Column by : akira muracco , micco

喉は唾を飲み込むたびにキリリと痛む。頭は半分、夢見心地な気分でぼうっとする。どうやらいきなりやってきた寒さに、あっさりと負けてしまったようだった。 窓越しに見る空は…

つづきをよむ

2016.12.21 WED

こらむ

2016.12.21 WED    |    こらむ

You are what you eat #063「染み込む養分」

You are what you eat #063「染み込む養分」

Column by : akira muracco , micco

春に巻いた種が芽を出し、来る日も来る日も面倒を見て、長い夏をなんとか通り越して、やっとこさ収穫した。土から掘り出した恵みを洗い、食べられるように加工して、わたしの口…

つづきをよむ

2016.12.14 WED

こらむ

2016.12.14 WED    |    こらむ

You are what you eat #062「今日を引き延ばす灯り」

You are what you eat #062「今日を引き延ばす灯り」

Column by : akira muracco , micco

休日の前夜。窓の外を照らす下弦の月が心に安心をもたらす。かつて観た邦画をまた借りてみた。今日は夜更かしをするのだ。お供には1人の夜のための特別な珈琲を。 ごりごりご…

つづきをよむ

2016.12.07 WED

こらむ

2016.12.07 WED    |    こらむ

You are what you eat #061「冬の舞踏会」

You are what you eat #061「冬の舞踏会」

Column by : akira muracco , micco

毎朝、パリパリカラカラとした落ち葉を大きな箒で集める。1枚1枚、色、形、全て違う。葉の1年の軌跡だ。ひらひらと地面に向かってくる様子はダンスのよう。日本中が舞踏会と…

つづきをよむ

2016.11.30 WED

こらむ

2016.11.30 WED    |    こらむ

You are what you eat #060「垂れ目と涙」

You are what you eat #060「垂れ目と涙」

Column by : akira muracco , micco

はらりはらりと落ちる黄色の水分を失った葉をちらっと気にしつつ、一頁ずつ丁寧にめくる。指で感じる紙の質感とめくる音が秋の空気と調和してなんとも心地よい。 読書のお供は…

つづきをよむ

2016.11.23 WED

こらむ

2016.11.23 WED    |    こらむ

You are what you eat #059「鍋の中に映る日常」

You are what you eat #059「鍋の中に映る日常」

Column by : akira muracco , micco

ピンポーン。 昔の友人がばらばらぞろぞろと集まってきた。テーブルの真ん中に大きなお鍋を持ってきて、みんなでぐるっと囲んだ。お鍋の中はとても窮屈そう。狭い温泉に入って…

つづきをよむ

2016.11.16 WED

こらむ

2016.11.16 WED    |    こらむ

You are what you eat #058「クリームの裾」

You are what you eat #058「クリームの裾」

Column by : akira muracco , micco

みんなでえっさほいさと拵える。もう少しで完成だ。みんなはこの完成をどう思っているのだろう。寂しいのかもしれないし、嬉しいのかもしれない。わたしはどう思っているのだろ…

つづきをよむ

2016.11.09 WED

こらむ

2016.11.09 WED    |    こらむ

You are what you eat #057「秋の満ちる世界」

You are what you eat #057「秋の満ちる世界」

Column by : akira muracco , micco

部屋が明るくなったのを瞼越しに感じ、目をゆっくりと開いた。カーテンを勢いよく端にやり、窓を開けて大きく空気を吸い込むと、身体の中がひんやりとした。季節の移り変わりを…

つづきをよむ

2016.11.02 WED

こらむ

2016.11.02 WED    |    こらむ

You are what you eat #056「一切れのかぼちゃタルト」

You are what you eat #056「一切れのかぼちゃタルト」

Column by : akira muracco , micco

やぁやぁ、今年は豊作だ。ありがとう、ありがとう、ありがとう。さぁ、お祭りだ。かぼちゃの中をくり抜いて変身しよう。みんなで踊り明かして、邪悪な霊だってみんなみんな追い…

つづきをよむ

2016.10.26 WED

こらむ

2016.10.26 WED    |    こらむ

You are what you eat #055「窓から溢れる灯り」

You are what you eat #055「窓から溢れる灯り」

Column by : akira muracco , micco

わたしは一歩一歩、砂浜に足跡を付けるように、柔らかくコンクリートを押すように歩く。窓から溢れる部屋の明かりは暖かい。肌寒くなってきた秋の夜をぼんやりと温める。網戸越…

つづきをよむ

2016.10.19 WED

こらむ

2016.10.19 WED    |    こらむ

You are what you eat #054「窓の外の子どもたち」

You are what you eat #054「窓の外の子どもたち」

Column by : akira muracco , micco

暖かい紅茶をゆっくりとかき回しながら、向かいに座る人の話を聞く。その人は真っ白なお皿の大きなサンドウィッチを手で掴み、がぶりと頬張った。反対側からはぽたぽたとドレッ…

つづきをよむ

2016.10.12 WED

こらむ

2016.10.12 WED    |    こらむ

You are what you eat #053「青をつくる太陽」

You are what you eat #053「青をつくる太陽」

Column by : akira muracco , micco

焼きたての食パンを買って帰ってきた。冷蔵庫にあるものなんでも挟んじゃう。トマト、レタス、クレソン、ベーコン、きゅうり、たまご、チーズ、、、。 彼女の目を見ると、その…

つづきをよむ

2016.09.28 WED

こらむ

2016.09.28 WED    |    こらむ

You are what you eat #052「いただきますの跡」

You are what you eat #052「いただきますの跡」

Column by : akira muracco , micco

振り返るとそこには1本の道があった。その両サイドにはわたしが作って食べてきた食事と、アートのような模様がずらりと、賑やかに、立ち並んでいた。 愉快な絵を見つけた。あ…

つづきをよむ

2016.09.21 WED

こらむ

2016.09.21 WED    |    こらむ

You are what you eat #051「食卓を囲うメロディ」

You are what you eat #051「食卓を囲うメロディ」

Column by : akira muracco , micco

この食卓を照らすペンダントライトを買いに行った日を思い出した。引っ越してきたばかりの頃。この町のセンスのいい雑貨屋さんを見つけ引き込まれるようにして入ると、目の前で…

つづきをよむ

2016.09.14 WED

こらむ

2016.09.14 WED    |    こらむ

You are what you eat #050「潰れるわたし」

You are what you eat #050「潰れるわたし」

Column by : akira muracco , micco

無言で帰りの電車に乗った。無意識に座る場所を探している自分に気づき、小さく息を吐いた。 電車に揺られる人々の顔は重力を1.7倍に感じているように見える。ひとりひとり…

つづきをよむ

2016.09.07 WED

こらむ

2016.09.07 WED    |    こらむ

You are what you eat #049「月の息吹」

You are what you eat #049「月の息吹」

Column by : akira muracco , micco

それはそれは月が綺麗な夜。月明かりが街を照らし、それがないとわたしは歩けない。誰かに手を引いて導いてもらわないと、思い切って出した一歩でさえも産まれたての子鹿のよう…

つづきをよむ

2016.08.31 WED

こらむ

2016.08.31 WED    |    こらむ

You are what you eat #048「鍋に溶けた影」

You are what you eat #048「鍋に溶けた影」

Column by : akira muracco , micco

腕を奮って料理をすることにした。1日中、家の中にいると何もしなくていいという清々しさの反面、何も生み出さない自分に心が苦しくなる。それでもわざわざ自分から世界に触れ…

つづきをよむ

2016.08.24 WED

こらむ

2016.08.24 WED    |    こらむ

You are what you eat #047「貴方の見る景色」

You are what you eat #047「貴方の見る景色」

Column by : akira muracco , micco

さっきからずっと、同じものを眺めている。わたしは溶けるロウがケーキに垂れてしまわないかドキドキしているけど、ケーキの向かい側にいる貴方はどうしても苺が食べたい、なん…

つづきをよむ

2016.08.17 WED

こらむ

2016.08.17 WED    |    こらむ

You are what you eat #046「揺れる電球」

You are what you eat #046「揺れる電球」

Column by : akira muracco , micco

1年振りに浴衣に袖を通し、髪を結った。自然と背骨はシャキリとして、鏡に映るいつもと違う自分の心は日本の夏の湿気を吹き飛ばす。下駄の奏でるカタンという音と素足に伝わる…

つづきをよむ

2016.08.10 WED

こらむ

2016.08.10 WED    |    こらむ

You are what you eat #045「照らされたワイングラス」

You are what you eat #045「照らされたワイングラス」

Column by : akira muracco , micco

夏真っ盛りの深夜。パジャマのままサンダルをつっかけ、ワイングラスにはお気に入りのドリンクを注いで、ひっそりと家を出た。誰もいない公園にごろんとひとり寝転ぶ。ほんのり…

つづきをよむ

2016.08.03 WED

こらむ

2016.08.03 WED    |    こらむ

You are what you eat #044「3時の煌めき」

You are what you eat #044「3時の煌めき」

Column by : akira muracco , micco

午後3時。 こんなにも心躍る時間があっていいのだろうか。この響きだけで幸せな気持ちがぽっとやってくる。 デパートのショーケースに並ぶ煌びやかなデザートには眩いライト…

つづきをよむ

2016.07.27 WED

こらむ

2016.07.27 WED    |    こらむ

You are what you eat #043「雨の中の遠回り」

You are what you eat #043「雨の中の遠回り」

Column by : akira muracco , micco

頭の中を靄が渦巻いている。早く目的地に向かおう向かおうと気持ちが焦るばかり。自分がどっちを向いているのかさえ分からなくなる。 そんな今日は小雨だった。傘に当たる雨粒…

つづきをよむ

2016.07.20 WED

こらむ

2016.07.20 WED    |    こらむ

You are what you eat #042「ビルの間から覗く空」

You are what you eat #042「ビルの間から覗く空」

Column by : akira muracco , micco

街の中にぽつんと佇む公園の横にあるコーヒースタンドで昼食を手に入れ公園へ向かった。 丁度、木陰になっている遊具の片隅に腰をかけて静かに食べ始める。ビルに囲まれるその…

つづきをよむ

2016.07.13 WED

こらむ

2016.07.13 WED    |    こらむ

You are what you eat #041「小人のわたし」

You are what you eat #041「小人のわたし」

Column by : akira muracco , micco

なにやら、台所の方から音がする。音を必死に追いかけるように朝を告げる匂いが、のこのこふわふわやってきた。ベッドの上に置いてあるメガネをかけて台所を覗くと、3人の小さ…

つづきをよむ

2016.07.06 WED

こらむ

2016.07.06 WED    |    こらむ

You are what you eat #040「ガラス越しの夏」

You are what you eat #040「ガラス越しの夏」

Column by : akira muracco , micco

皐月からのそのそ出てきた気怠さは、しとしと落ちてくる水滴ととても気が合うようで。私の身体の中に暫くの間存在していた。 気怠さに占拠され、さらに猛暑に打ちひしがれて身…

つづきをよむ

2016.07.01 FRI

こらむ

2016.07.01 FRI    |    こらむ

You are what you eat #039「背中を押す風」

You are what you eat #039「背中を押す風」

Column by : akira muracco , micco

或る日、身体は動いているのにわたしが生きていないことに気がついた。 無心でお弁当を拵える。本当はもっと眠りたい。欠伸のリレーが続き、布団はいつでも迎え入れるよとでも…

つづきをよむ

2016.06.22 WED

こらむ

2016.06.22 WED    |    こらむ

You are what you eat #038「繋ぐ飴玉」

You are what you eat #038「繋ぐ飴玉」

Column by : akira muracco , micco

彼女の身体だけが此処にいる。彼女自身は現実から逃げて行ってしまったらしい。どこか遠くに当ても無くふわふわと。ただ生暖かい物体が目の前に佇んでいた。 焦点の合っていな…

つづきをよむ

2016.06.15 WED

こらむ

2016.06.15 WED    |    こらむ

You are what you eat #037「隠れたおまじない」

You are what you eat #037「隠れたおまじない」

Column by : akira muracco , micco

申一刻、珈琲を淹れる。 瓶の蓋を開けてざくっとスプーンですくう。ミルに滑り落ちる艶々光る珈琲豆はわざと高く音を響かせる。ごりごりごりごり。粉々になった珈琲の素は地面…

つづきをよむ

2016.06.08 WED

こらむ

2016.06.08 WED    |    こらむ

You are what you eat #036「寄り添う空気」

You are what you eat #036「寄り添う空気」

Column by : akira muracco , micco

春の陽気につられて、ついついごろごろ。やらなきゃいけないことだって右から左へとするする流れる。 太陽が地平線に隠れはじめた頃。薄暗くなった部屋に東向きの窓からやあや…

つづきをよむ

2016.06.01 WED

こらむ

2016.06.01 WED    |    こらむ

You are what you eat #035「桃色のささやき」

You are what you eat #035「桃色のささやき」

Column by : akira muracco , micco

森に散歩に行こうと誘われ、道なき道をひたすらにとぼとぼ歩いた。どこまで行くの、と声を掛けようとした瞬間、ここだよ!と。 公園のベンチくらいの高さをした、ふかふかした…

つづきをよむ

2016.05.25 WED

こらむ

2016.05.25 WED    |    こらむ

You are what you eat #034「朱色の宝石」

You are what you eat #034「朱色の宝石」

Column by : akira muracco , micco

朱色の宝石を一つ指で摘んだ。初夏の香りを運ぶ風は、ねっとりと肌を撫で回し、宝石を丸く包んで挨拶を交わしていた。 辺り一面には潤った水田と、濃く鮮やかな緑の木々、それ…

つづきをよむ

2016.05.18 WED

こらむ

2016.05.18 WED    |    こらむ

You are what you eat #033「巡る珈琲」

You are what you eat #033「巡る珈琲」

Column by : akira muracco , micco

古本がずらりと並ぶ喫茶店に来た。空には雲が立ち込め、小雨がぱらりぱらりと地面に落ちている。 適当にページをめくり、文字をなぞる。店主の淹れてくれた珈琲は人柄がそのま…

つづきをよむ

2016.05.11 WED

こらむ

2016.05.11 WED    |    こらむ

You are what you eat #032「映画のワンシーン」

You are what you eat #032「映画のワンシーン」

Column by : akira muracco , micco

向こうの方でふわりふわりと舞う綿毛。何処までも風に導かれ、新しい場所を探している。その近くに咲く黄色いタンポポ。わたしの手の中にあるサンドウィッチの具と同じ色。 こ…

つづきをよむ

2016.05.04 WED

こらむ

2016.05.04 WED    |    こらむ

You are what you eat #031「春のおしゃべり」

You are what you eat #031「春のおしゃべり」

Column by : akira muracco , micco

ゆっくりと手帖を開くと今日がぽっかりと空いていた。空は雲ひとつない青空。蕾の中を露わにした色とりどりの花たちに、目覚めた蝶が舞う。 わたしはぐーんと背伸びをして、空…

つづきをよむ

2016.04.27 WED

こらむ

2016.04.27 WED    |    こらむ

You are what you eat #030「いつもの食堂」

You are what you eat #030「いつもの食堂」

Column by : akira muracco , micco

今日は朝から曇り空だった。ビルの隙間から見える空は太陽の光を遮り、空気を重くしていた。何処か鬱々とし、身体の周りを灰色のコンクリートで固められたように身動きが取れな…

つづきをよむ

2016.04.20 WED

こらむ

2016.04.20 WED    |    こらむ

You are what you eat #029「空に溶ける声」

You are what you eat #029「空に溶ける声」

Column by : akira muracco , micco

違う世界に潜り込んでみた。風景、人、空気、足に伝わる地面の凹凸。感じる全てが身体中の細胞を目覚めさせる。胸を張って上を向くわたしと、今にも全力疾走でこの場を離れたい…

つづきをよむ

2016.04.13 WED

こらむ

2016.04.13 WED    |    こらむ

You are what you eat #028「文字の世界」

You are what you eat #028「文字の世界」

Column by : akira muracco , micco

どこか遠い太陽の光がたっぷりと降り注ぐ国からやってきたコーヒー豆。わたしはゆっくりとごりごり無心で挽く。湯を注ぐともくもくと膨らんで、世の中の闇を全て抱えるような漆…

つづきをよむ

2016.04.07 THU

こらむ

2016.04.07 THU    |    こらむ

You are what you eat #027「春の空気」

You are what you eat #027「春の空気」

Column by : akira muracco , micco

公園のベンチに腰掛けて、心臓の奥の奥まで春の空気を取り込む。長い眠りから目を覚ました動物たちの有り余るほどのエネルギーと、待ってましたとばかりに張り切って輝く道端の…

つづきをよむ

2016.03.30 WED

こらむ

2016.03.30 WED    |    こらむ

You are what you eat #026「白いふわふわ」

You are what you eat #026「白いふわふわ」

Column by : akira muracco , micco

もくもくと湯気が広がる。不意に顔を近づけてしまうのはなぜだろう。もうすでに口の中は大洪水だ。慌てて火傷しないようにそうっと。 今週も頑張った自分をねぎらいながら、作…

つづきをよむ

2016.03.23 WED

こらむ

2016.03.23 WED    |    こらむ

You are what you eat #025「優しいピンク色」

You are what you eat #025「優しいピンク色」

Column by : akira muracco , micco

太陽はえらく高いところから、光の針で遠慮がちにわたしをつついてくる。見ると時計は止まっていた。それだけじゃなく、わたしを取り囲む周りの空気も。嗚呼、春を待ち望んでい…

つづきをよむ

2016.03.16 WED

こらむ

2016.03.16 WED    |    こらむ

You are what you eat #024「ここ、」

You are what you eat #024「ここ、」

Column by : akira muracco , micco

さえずりが聞こえてきてふと見上げると小鳥が集まっていた。おはようさんと声をかけながら、わたしは毎朝、塀の上に少しのお米をのせる。 そこには小さな畑があって、片隅には…

つづきをよむ

2016.03.09 WED

こらむ

2016.03.09 WED    |    こらむ

You are what you eat #023「突然のショートケーキ」

You are what you eat #023「突然のショートケーキ」

Column by : akira muracco , micco

時々ほろりとやってくる幸せがある。キラキラと光る真っ赤な苺をちょこんと乗せたショートケーキを持って、頬を赤くした友達がやってきてくれた。私は早く食べたい気持ちを抑え…

つづきをよむ

2016.03.03 THU

こらむ

2016.03.03 THU    |    こらむ

You are what you eat #022「トントン、トントン。」

You are what you eat #022「トントン、トントン。」

Column by : akira muracco , micco

トントン、トントン。 あの人の帰路につく歩くスピードはこのくらいだろうか。いや、もっとゆっくりかな。そろそろ帰ってくるかな。そんなことをそっと思いながら食事の支度を…

つづきをよむ

2016.02.24 WED

こらむ

2016.02.24 WED    |    こらむ

You are what you eat #021「儚い幻想」

You are what you eat #021「儚い幻想」

Column by : akira muracco , micco

ふと浮かんでくる田園風景。お天道様の暖かくて柔らかくて、色を与える命の恵みの光が、全てを照らしている。稲穂も、水も、鳥も、草も、人間も。時に、地球の怒り、悲しさで荒…

つづきをよむ

2016.02.17 WED

こらむ

2016.02.17 WED    |    こらむ

You are what you eat #020「スープの色」

You are what you eat #020「スープの色」

Column by : akira muracco , renna hata

寒い冬の日には、スープに勝るものはないと思う。 とろりと体に染み込む滋味あふれるやさしい食べもの。いや、飲みものだろうか。鍋をかき混ぜながらふと考える。 少し赤みが…

つづきをよむ

2016.01.28 THU

こらむ

2016.01.28 THU    |    こらむ

You are what you eat #019「くちびるにアイスクリーム」

You are what you eat #019「くちびるにアイスクリーム」

Column by : akira muracco , renna hata

つめたいチョコレートにくちびるが、ひた、とくっつく感触がなんだかもどかしくて、繰り返してしまう。痛くなるギリギリのところではがれる。ほどかれるみたいに。 ぼんやりそ…

つづきをよむ

2016.01.20 WED

こらむ

2016.01.20 WED    |    こらむ

You are what you eat #018「ファミレスの明かり」

You are what you eat #018「ファミレスの明かり」

Column by : akira muracco , renna hata

月に一度、夜中のファミレスにいく。 夜中のファミレスにはいろんな人たちがいる。パフェとパンケーキとプリンを並べて嬉しそうに食べてるおばあちゃん、ドリンクバーだけ頼ん…

つづきをよむ

2016.01.13 WED

こらむ

2016.01.13 WED    |    こらむ

You are what you eat #017「新春甘味話」

You are what you eat #017「新春甘味話」

Column by : akira muracco , renna hata

「おてもと」と書いてある白い箸袋には、ちいさな桜の花びらが散っていて、なんだか嬉しくなる。わりばしはきれいに真ん中で割れた。 赤い漆塗りの椀には粒のしっかりした、で…

つづきをよむ

2016.01.06 WED

こらむ

2016.01.06 WED    |    こらむ

You are what you eat #016「おじやの響き」

You are what you eat #016「おじやの響き」

Column by : akira muracco , renna hata

小さいころから風邪をひくとかならず扁桃腺が腫れた。のどがいがいがして、つばを飲み込むことすら辛くなる。そんなとき、母親はいつもわたしの体を毛布でぐるぐる巻きにして、…

つづきをよむ

2015.12.31 THU

こらむ

2015.12.31 THU    |    こらむ

You are what you eat #015「はじまりはバターの香り」

You are what you eat #015「はじまりはバターの香り」

Column by : akira muracco , renna hata

つめたい石畳の道を彼女は丈夫そうな革靴でリズムを刻むように歩いていく。一定の規則正しいコツコツという音が響くたびに、うしろで無造作にたばねられた髪の毛が振り子のよう…

つづきをよむ

2015.12.24 THU

こらむ

2015.12.24 THU    |    こらむ

You are what you eat #014「うつわ熟考」

You are what you eat #014「うつわ熟考」

Column by : akira muracco , renna hata

毎日の食卓にこそふさわしいうつわを作りたい。 わたしは毎日考えている。 特別なものではなくて、日々の生活に寄り添うもの。それは優しく気取らないものがいい。白いお米の…

つづきをよむ

2015.12.17 THU

こらむ

2015.12.17 THU    |    こらむ

You are what you eat #013「健康と魚」

You are what you eat #013「健康と魚」

Column by : akira muracco , renna hata

キュッとレモンをしぼって、頭からかぶりつく。パリパリの皮にほんのりと苦味、潮の香りにのせてジュワッと脂が溢れる。それからぎっしりつまったプチプチのたまご。噛めば弾け…

つづきをよむ

2015.12.10 THU

こらむ

2015.12.10 THU    |    こらむ

You are what you eat #012「くいしんぼうカルテット」

You are what you eat #012「くいしんぼうカルテット」

Column by : akira muracco , renna hata

わたしたちほどのくいしんぼうは他にいない。たぶん。 湯むきしたトマトに粗塩をほんのひとつまみ。それだけでなんて美味しいの! みてみて、このお豆腐、温泉水で茹でてみた…

つづきをよむ

2015.12.02 WED

こらむ

2015.12.02 WED    |    こらむ

You are what you eat #011「こんな日の幸福は」

You are what you eat #011「こんな日の幸福は」

Column by : akira muracco , renna hata

ああ、ついてない。 今日は朝からついてなかった。まずは定期を落としたし、それによって会議に遅刻。上司の冷たい視線を浴びた。ついでに明日のプレゼンの資料を今から作り直…

つづきをよむ

2015.11.25 WED

こらむ

2015.11.25 WED    |    こらむ

You are what you eat #010「光の食卓」

You are what you eat #010「光の食卓」

Column by : akira muracco , renna hata

台所の細長い窓から薄い光が差し込んでいた。タイルの壁にかかった焦げついたフライパンや、水滴の残るコップのふちを滑るように光は広がっていく。 木製のすべすべした食卓。…

つづきをよむ

2015.11.18 WED

こらむ

2015.11.18 WED    |    こらむ

You are what you eat #009「なべなべ底ぬけ」

You are what you eat #009「なべなべ底ぬけ」

Column by : akira muracco , renna hata

わたしたちって、サイコーだ、と思える夜があとどれだけ過ごせるだろう。 前の職場で出会った3人。今はそれぞれ別々の場所で働いている。同じ歳。彼氏はいたり、いなかったり…

つづきをよむ

2015.11.11 WED

こらむ

2015.11.11 WED    |    こらむ

You are what you eat #008「冬の恋人」

You are what you eat #008「冬の恋人」

Column by : akira muracco , renna hata

彼はうらぎらない。 まず、外見は渋め。味があるし、ごつごつとした力強さがある。それからやっぱり懐の深さ。包み込んで、すぐにあっためてくれるところもすき。 土鍋の話で…

つづきをよむ

2015.11.04 WED

こらむ

2015.11.04 WED    |    こらむ

You are what you eat #007「豆を煮る日」

You are what you eat #007「豆を煮る日」

Column by : akira muracco , renna hata

You are what you eat #007「豆を煮る日」 豆を煮ることにしている。 人によっては、走る、長風呂にはいる、泣ける映画をかたっぱしから借りて観る…

つづきをよむ

2015.10.28 WED

こらむ

2015.10.28 WED    |    こらむ

You are what you eat #006「おかわりっていいたい」

You are what you eat #006「おかわりっていいたい」

Column by : akira muracco , renna hata

You are what you eat #006「おかわりっていいたい」 炊きたてのごはんをよそって、いつもしょっぱすぎたり薄すぎたりするお味噌汁をすくって、お惣…

つづきをよむ

2015.10.21 WED

こらむ

2015.10.21 WED    |    こらむ

You are what you eat #004「2人分のネギ」

You are what you eat #004「2人分のネギ」

Column by : akira muracco , renna hata

You are what you eat #004「2人分のネギ」 細い肩を震わせて泣いているのを、なるべく見ないようにした。 ボウタイがおつゆについてしまうんじゃ…

つづきをよむ

2015.10.07 WED

こらむ

2015.10.07 WED    |    こらむ

You are what you eat #003「小さな 美味しい ささやき」

You are what you eat #003「小さな 美味しい ささやき」

Column by : akira muracco , renna hata

You are what you eat #003「小さな 美味しい ささやき」 彼女はとりわけられたピザとパスタを両手にもって隅の席につくと、一息おいてからその幸…

つづきをよむ

2015.09.30 WED

こらむ

2015.09.30 WED    |    こらむ

You are what you eat #002「天国の栗ケーキ」

You are what you eat #002「天国の栗ケーキ」

Column by : akira muracco , renna hata

You are what you eat #002「天国の栗ケーキ」 雨が降りそうだった。ガラスを隔てた海の色はねむくなるようなグレー。そうだ、おばあちゃんが昔飼っ…

つづきをよむ

2015.09.23 WED

こらむ

2015.09.23 WED    |    こらむ

You are what you eat #001「完ぺきな朝食」

You are what you eat #001「完ぺきな朝食」

Column by : akira muracco , renna hata

You are what you eat #001 「完ぺきな朝食」 一緒に、朝ごはん食べませんか。 しっかり焦げ目をつけて、でも身はうっとり脂がのっててやわらかい…

つづきをよむ

2015.09.16 WED

こらむ

2015.09.16 WED    |    こらむ

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。
自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。
おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。
お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。
気軽に まで、お問い合わせくださいませ。

TOP

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。

自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。

おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。

お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。

気軽に まで、お問い合わせくださいませ。