よむ DAYZ.

メニュー

おいしいだいずでくらしをゆたかに

loading

「選ぶ」とか「食べる」とか「伝える」とか「共有する」とか

「選ぶ」とか「食べる」とか「伝える」とか「共有する」とか

特集 特集

ぼくらが(だいずの畑へ)旅に出る理由 #01

「選ぶ」とか「食べる」とか「伝える」とか「共有する」とか

#016 / 神奈川県南足柄市矢倉沢

TEXT / JUNYA KATO(DAYZ.編集長), PHOTO / YOSHITOMO KUMAGAI

東京から約2時間。神奈川県の西に位置する南足柄市。町の70%近くが森林ということもあって、暮らしのすぐそばに豊かな自然があります。目の前にそびえる山の緑は季節問わず力強く、山から町へ流れるきれいな水は町全体を潤し、バスから降りた瞬間にみずみずしい空気に包まれるのを感じます。そんな名水の町・南足柄の里山の、中でも山や水田に囲まれた自然溢れる畑で、地元の方々の協力を得ながら、2016年より DAYZ. の『だいず』をみんなで育てています。では、なぜ『だいず』なのか。

しょうゆやみそ、とうふになっとう。日本の食文化として、毎日の暮らしの食卓にあたりまえのように並ぶ『だいず』です。DAYZ. の取材を通じて『だいず』に関わるたくさんのひとたちに出会っていくうちに、いつしかぼくらにとっての『あたりまえ』は実はあたりまえではなくて、それぞれの生産者の想いや努力、アイデア、そして歴史や文化に支えられているものだと気づくようになりました。

それは、あたりまえのことをあたりまえと思わず、なぜそれを選んだのか、どうやって作られているのか、そしてそれらがどこから来ているのか、考えるきっかけへとつながっていきました。頭で考えるだけじゃあなく、行動として、「選ぶ」とか「食べる」とか、「伝える」とか「共有する」とか、です。

選択肢に入らない、嫌悪感を感じる『モノ』や『コト』に対して NO を突きつけるような選択ではなく、あくまで選ぶことや共有することを『楽しむ』ような感じです。例えばレコード屋で目当てのレコードを探すみたいに、本屋で好きな作家の本を探してる時みたいに、気になる映画を恋人に進める時みたいな感じ。そんな選択の連続が、食べるものじゃあなくて、着るものや使うもの、毎日の日用品、政治に到るまでうんぬんといろいろなことにつながっていくと、もしかしたらぼくらの暮らしはちょっとずつよくなるんじゃないかって、そんな風に今は思っています。

頭ではわかってたこと
体が理解するということ

最初に畑をやろうと思った時の気分は、ちょうど、友達を誘って野外フェスに遊びに行こうっていうくらいの感じに似ています。いろいろな縁があったってこともあったけれど、たまたま畑を借りることができて(当時埼玉の神川町の畑を借りていました)、みんなで車に乗って普段着で。途中で軍手が必要なんじゃないかと誰かが言い出して、近くのコンビニで慌てて軍手を買うような、そのくらいのレベルだったけれど楽しかった。友達の何人かはギターを持って来てくれて、収穫を祈るかのように畑の上でライブをしたり(今年の種蒔きでも、アコースティックユニット MIZ がライブをやってくれます)。その後、地元の農家さんが作った野菜をいただいてのバーベキューもとてもおいしかった。自分で農作物を作ってみるという体験のあと、改めて自然の中で食べる野菜がこんなにおいしいだなんてと、感動したのを覚えています。頭ではわかっていたけれど、体が理解したという感じです。

選択肢があることを知れば
ぼくらはきっともっと楽しくなる

DAYZ. をはじめるまで『だいず』=『枝豆』だなんて知らなかったぼくが、いま、偉そうに毎年『だいず』の畑に通っている。畑の上で釜茹でして食べる採れたての『枝豆』はいままで食べた枝豆の中でも最高の思い出。誰かのアイデアで焼いた枝豆もおいしかった。味ではなくて(味ももちろん重要なんだけれど)『経験』という付加価値が、調味料となって思い出になる。これも頭ではわかっていたけれど、体で覚えたことのひとつと言えます。逆にいえば、何も考えずになんとなく口にしてきた今までの食事の時間、もったいなかったなあと思うほどです。もうすこしこの喜びを知っていれば。選択肢がたくさんあることを知っていれば、ぼくはもっと楽しかったし、からだの調子もよかったのかもしれないなあ(20代のぼくに教えてあげたい)と思ったのが、DAYZ. という情報発信と交流のためのメディアを立ち上げたきっかけとも言えます。もっとみんなと共有しあえればと思うばかりです。

1粒の種から増える『だいず』
おいしく食べて分け合って

食にこだわるひとにとっては、ここまでだいぶ当たり前の話をしているかもしれないけれど、ぼくにとってはひとつひとつの気づきがとても大切でした(30歳以降の人生を変えたと言っても過言ではない!)。そして、これも当たり前の話かもしれないけれど、1粒の『だいず』からたくさんのだいずが採れます。10粒100粒と、蒔く種の数が増えれば、もっともっとたくさんのだいずが採れます。たくさん採れればみんなで分け合えられます。分けあって、みんなでそのまま煮て食べてもいいし、加工してもいいし、どんどん食べて食べて、余った『だいず』はそれ自体が『種』ですから、来年またみんなで蒔けば、ずっとずっと『だいず』を増やして、分け合って、みんなでがんばって作ったぼくらの『だいず』の『種』をずっと守って行くことができます。みんなが『だいず』を選ばないから、農家さんも作っても分ける先がないからって、作るのを諦めてしまって消えてしまっただいずの品種も多いと聞きます。

選択することで循環する社会
すべては1粒の『だいず』から

ほかの産地の『だいず』はどんな味がするんだろうって食べ比べてみるのもいいかもしれません。これを機に産地や品種に注目して、しょうゆやみそ、とうふ、なっとうを買ってみてもいいかもしれません。いつもはスーパーで1丁80円くらいで買ってるとうふがあったとして、今日は町のとうふ屋さんで買ってみようとか。いつものしょうゆと違ったしょうゆでお刺身を食べてみようとか、自分で仕込んだおみそだからって、なんだか毎日のありきたりなお味噌汁がおいしく感じられるようになったり。そうやって選択していくことが、毎日の食卓を楽しくさせるだけじゃなく、それぞれのジャンルの職人さんたちや、ちいさな町の商店、そして生産者のひとたちを下支えすることにつながったりします。選択することで社会が活き活きと循環しはじめる。それが、おいしい『だいず』で暮らしをゆたかにするというコンセプトを掲げる理由です。すべては1粒の『だいず』からなんです。

さいごに

南足柄は平成の名水百選に選ばれるほど、水がゆたかできれいな町です。金太郎のふるさとでもあり、自然も力強い。

去年はこの畑で取れたみずみずしい枝豆を駅前の居酒屋さんに渡してお客さんに食べてもらったところ、それを食べた町の人が「この枝豆を来年も食べたい」「いつか町の名産にしたい」と、そんな風に言ってくれました。町のひとたちを招待して、収穫しただいずを使ったとうふづくりのワークショップを行なった際は、みんながそのおいしさに唸りました。『だいず』の畑で生まれた交流が、南足柄に暮らすひとたちも明るくする。いつしか町の老若男女さまざまなひとたちが畑の上でコミュニケーションする。だんだん耕作放棄地が再盛して行く。そんな社会になっていくといいなあと思いながら、でも畑の上でみんなと一緒に汗かいておいしいビールを飲めればそれでいいやっていうぼくもいながら、今年も『だいず』を育てるんです。

偉そうに長々とつらつらと失礼しました。

おしまい。

今年もだいずの畑がはじまります!

DAYZ.の農業体験 2018 #01『自然豊かな里山で大豆を蒔く』
with MIZ acoustic LIVE!

2018年6月3日(日)*雨天時は6月10日(日)
開催時間:11時〜15時(移動時間は含みません)
イベントの詳細・参加申し込みはこちらから

*畑には行けないけれど「食べて支援!」という方も一読ください!

TOP

関連記事

#018 ぼくらが(だいずの畑へ)旅に出る理由 #03特集特集

#018 ぼくらが(だいずの畑へ)旅に出る理由 #03

早朝。初夏の低い太陽に照らされた畑の土。まわりを取り囲む山々は雲ひとつない青空とのコントラストで力強く、近くを流れる川のせせらぎは、この里山のみずみずしさを感じさせ…

つづきをよむ

2018.08.10 FRI

そのほか , でいず

2018.08.10 FRI    |    そのほか    |    でいず

#017 ぼくらが(だいずの畑へ)旅に出る理由 #02特集特集

#017 ぼくらが(だいずの畑へ)旅に出る理由 #02

東京から約2時間。神奈川の西に位置する南足柄市。その中でも矢倉沢は自然ゆたかな里山。ぐるりと囲んだ山々。鏡のように空を映す水田。無人の野菜販売所。お茶の段々畑。町中…

つづきをよむ

2018.05.30 WED

そのほか , でいず

2018.05.30 WED    |    そのほか    |    でいず

#015 毎日ひとつひとつきちんとやる。決して手を抜かない。特集特集

#015 毎日ひとつひとつきちんとやる。決して手を抜かない。

今回は編集長のぼくがいままで食べてきた「とうふ」の中で、いちばんおいしいと思った「とうふ」を〈つくる〉ひとへ話を聞きに行った。しかしながら、ぼくはひとに自慢できるほ…

つづきをよむ

2017.05.22 MON

とうふ

2017.05.22 MON    |    とうふ

#014 みそ屋がやってる、ごはん屋です。特集特集

#014 みそ屋がやってる、ごはん屋です。

愛知県で育って早20年。気づくと、この土地が私のふるさととなっていた。名古屋は都会だけれども、東京や大阪なんかと比べちゃ、なんだかどこか垢抜けない。ちょっと車を走ら…

つづきをよむ

2017.05.01 MON

みそ

2017.05.01 MON    |    みそ

#013 でいずのだいずができるまで特集特集

#013 でいずのだいずができるまで

梅雨ということで天気が心配でしたが、晴れときどきくもり。雲ひとつない晴れであれば景色はきれいだけれど、畑作業はちょっとたいへん。くもりくらいがちょうどいいんです。 …

つづきをよむ

2016.06.24 FRI

そのほか , でいず

2016.06.24 FRI    |    そのほか    |    でいず

#012 でいずのだいずを蒔きました特集特集

#012 でいずのだいずを蒔きました

日曜日の朝の新宿。DAYZ. のだいず農業体験ツアー待ち合わせ場所として指定させていただいた場所は、ぼくらだけではなく、いろいろなジャンルのいろいろなツアーのバスが…

つづきをよむ

2016.06.14 TUE

そのほか , でいず

2016.06.14 TUE    |    そのほか    |    でいず

#011 でいずのだいずができるまで その2特集特集

#011 でいずのだいずができるまで その2

DAYZ. の「だいず」づくりの記念すべき1回目の「蒔く」が、2016年5月29日(日)に開催されます。天気予報は現時点では晴れのちくもり。山の天気は変わりやすいと…

つづきをよむ

2016.05.27 FRI

そのほか , でいず

2016.05.27 FRI    |    そのほか    |    でいず

#010 でいずのだいずができるまで その1特集特集

#010 でいずのだいずができるまで その1

おいしいだいずでくらしをゆたかに。この言葉を掲げて2年経ちます。手前みそだけれど、ぼくや、ぼくのまわりは少しずつよくなっているように思います。おいしいものを積極的に…

つづきをよむ

2016.04.03 SUN

そのほか , でいず

2016.04.03 SUN    |    そのほか    |    でいず

#009 とうふとぶっきょう特集特集

#009 とうふとぶっきょう

火の灯ったろうそくにそっと手を添え、お香をたき、手を合わせ、礼をする。一連の、流れるような美しい動作と、ふわっと包み込むような線香のかおりに、参加者の緊張がほぐれて…

つづきをよむ

2016.03.08 TUE

とうふ

2016.03.08 TUE    |    とうふ

#008 あかめとしろめ うさぎ おいし ふるさと特集特集

#008 あかめとしろめ うさぎ おいし ふるさと

急に降り出した雨が、取材前に立ち寄った仙台東照宮の色濃い緑を濡らして、夏の空気をひんやりと冷ましていきました。 仙台市の北東に位置する玉手崎はなだらかな丘陵になって…

つづきをよむ

2015.09.10 THU

とうふ

2015.09.10 THU    |    とうふ

#007 職人醤油特集特集

#007 職人醤油

いまの自分が『食』について語るのはおこがましいような気がするので、ここではあくまで『楽しむ』っていうのを前提にしますね。つまり『楽しく食べる』ことの前であればお金持…

つづきをよむ

2015.06.15 MON

しょうゆ

2015.06.15 MON    |    しょうゆ

#006 萩原農園の大豆菓子特集特集

#006 萩原農園の大豆菓子

2015年1月。20年ぶりの大雪が降った山形は、その日だけ快晴。突き抜けるような空の青と、きらきらと光る白。どこまでも続く山に囲まれた町のまんなかで、目の前に広がる…

つづきをよむ

2015.05.20 WED

そのほか

2015.05.20 WED    |    そのほか

#005 お気に入りのレコードを選ぶような感覚で特集特集

#005 お気に入りのレコードを選ぶような感覚で

高校生の時に聞いていた音楽を思い出してみる。 フィッシュマンズ、サニーデイ・サービス、スチャダラパー。スピッツやくるりが好きだったなんて友達もいて、ときどき CDを…

つづきをよむ

2015.03.19 THU

みそ

2015.03.19 THU    |    みそ

#004 DAYZ.が贈るおいしいギフト 第2弾 発表!特集特集

#004 DAYZ.が贈るおいしいギフト 第2弾 発表!

実はぼくはこどものころ、なっとうが嫌いでした。いま思えば、あのにおい、苦み、ねばねばと引かれる糸、すべての要素が子供心に憎く、給食ではいつも残していました。味が苦手…

つづきをよむ

2014.12.18 THU

でいず

2014.12.18 THU    |    でいず

#003 DAYZ.が贈るおいしいギフト 第1弾 発表!特集特集

#003 DAYZ.が贈るおいしいギフト 第1弾 発表!

12月。「あ」という間に1年が過ぎてしまったことを、いつもすこしだけ悔やむ例年でしたが、今年の12月はちょっとだけちがいます。 思えば半年前。6月。DAYZ.の結成…

つづきをよむ

2014.12.17 WED

でいず

2014.12.17 WED    |    でいず

#002 関西のひとは納豆が嫌いなの?特集特集

#002 関西のひとは納豆が嫌いなの?

関西のひとは納豆が嫌いだ。 まるで都市伝説みたいなそんな話をある日ふと思い出し、大阪の友人に「納豆好き?」と投げてみたところ「あかんあかん! あんなん食べ物ちゃうで…

つづきをよむ

2014.12.02 TUE

なっとう

2014.12.02 TUE    |    なっとう

#001 / 上村豆腐店特集特集

#001 / 上村豆腐店

おいしいだいずでくらしをゆたかに。 DAYZ. が掲げるこのコンセプトは、ぼくらからの提案というより、どちらかと言うと、ぼくらひとりひとりの願いであり、ここに集うみ…

つづきをよむ

2014.09.19 FRI

とうふ

2014.09.19 FRI    |    とうふ

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。
自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。
おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。
お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。
気軽に まで、お問い合わせくださいませ。

TOP

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。

自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。

おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。

お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。

気軽に まで、お問い合わせくださいませ。