よむ DAYZ.

メニュー

おいしいだいずでくらしをゆたかに

loading

コンビニ・アイス #05

2018年1月12日(金)
写真と文:アオキユウタ

コンビニ・アイス #05

※ 写真は拡大して見ることができます

コンビニ・アイス #05

「ネバーエンド青春(魔法)」(半年ぶりの一人暮らしはどうだい?)

あと5分で今月の給料が発表される! ただお金を服に変換する簡単な作業を繰り返して数年、僕は気づいた頃からお金そのものを持っているのが怖くなってしまって(いつお金がお金としての価値がなくなるかわからない! だったら好きなものに即変換して好きなものに囲まれていたい、愛愛愛愛)貯めれない。少し写真を撮ったので(久々に更新できた口実に自分に甘々なご褒美として服をポチりたいので)再開します。次は?

昨年末、29日。午前5時に東高円寺の中華料理屋で起床、午後1時に那覇出勤という暴挙をキメたらしいのだが、何故か僕は年末東京にいたらしい。セブンイレブン、鳥貴族、サイゼリヤ、そして王将。suica、新宿、高円寺・光、ケイスケカンダ。ここ(沖縄)にはないものに一気に囲まれるとパラレルワールドにいる気がしてわけがわからなくなる。正直記憶がザクッと分断されて戻ってくると夢だったように現実に戻る感じがする。全部夢だった。大好きというか腐れ縁というか幼馴染というかよくわからない縁で、ことあるごとに撮っていたバンドが解散した。ネットを見ると解散したのは本当らしい。終わったあと「10年ぶりに集合したのが 高円寺 UFO CLUB なの現実味がないな」的な発言をしていたのだけど、それがまだ “こっち” と “むこう” を繋いでいる。あの日だけでこの先、人生がどう転んだとしても絶対プラスにしかならない。そういう日を何回も経験している。写真があったから。写真があって良かった。いるはずじゃなかった場所にいられる、会うはずじゃなかった人に会っている、誰も教えてくれない気持ち良さを僕は知っている。

帰ってきてから車(水色のラシーン、ドラえもんブルー、いつかのサマーソウル)/ 着るものも身につけるものも青がいい。いつからだろう。誰の影響だろう。幼い頃は赤が一番好きたっだ。あの頃から女の子に憧れていた節があった。赤を身につけていると女の子みたいに言われて、たぶんディスられてたのだろうけど嬉しかった。でも、あくまで男の子であろうとするから青、男の子であるから、女の子に幻想を抱き続けれるのだ。ネバーエンドブルー。- で彼らの CD を何十回、何百回と聴いている。

ワンピースが一番服として好きだ(フタツククリをいつか着てみたい)。普通に着れるようになって欲しい。日本では服がなくならない気がするから安心する。そのうち服がなくなるんじゃないか、タバコのような嗜好品になるんじゃないか、ってなってふと不安になる。ゾゾスーツってものが普及して(見た目が僕たちが想像している、間違っているかもしれない未来の服そのもので良い)何でも自分にぴったりなものがど真ん中にくる未来が怖い。間違いがなくなるのが怖い。ひとつの服を超大量に作っている会社にいるのだが、既製服の面白さは、着る人によって、変な誤差・ズレが生じること。既製服ですらズレるのが怖いって未来が怖い。服が永遠に続くようにするためにこの会社にいる(とか言ってみるけど、ただの下っ端だ、底辺)。

3日前、6日。突然に(決まっていたことだけど)一人暮らしになった。まだ実感がない。やったー自由だーみたいなことになるかと思っても、やることは Netflix、ポケモン、映画館くらいで予想以上に一人でやることがない。急に始まった半年間の同棲生活(職場も同じだったので24時間同じ生活)の間に、あんなに得意だった一人遊びが出来なくなってしまっている。リハビリ。このことはまた後日。

よっしゃ!給料出た!(あんなに働いたのにこんなもん?)まあいっか! 可愛いの買っちゃお〜!(いつまで続く魔法(リボ)生活!)

コンビニ・アイス #05

※ 写真は拡大して見ることができます

コンビニ・アイス #05

「ネバーエンド青春(魔法)」(半年ぶりの一人暮らしはどうだい?)

あと5分で今月の給料が発表される! ただお金を服に変換する簡単な作業を繰り返して数年、僕は気づいた頃からお金そのものを持っているのが怖くなってしまって(いつお金がお金としての価値がなくなるかわからない! だったら好きなものに即変換して好きなものに囲まれていたい、愛愛愛愛)貯めれない。少し写真を撮ったので(久々に更新できた口実に自分に甘々なご褒美として服をポチりたいので)再開します。次は?

昨年末、29日。午前5時に東高円寺の中華料理屋で起床、午後1時に那覇出勤という暴挙をキメたらしいのだが、何故か僕は年末東京にいたらしい。セブンイレブン、鳥貴族、サイゼリヤ、そして王将。suica、新宿、高円寺・光、ケイスケカンダ。ここ(沖縄)にはないものに一気に囲まれるとパラレルワールドにいる気がしてわけがわからなくなる。正直記憶がザクッと分断されて戻ってくると夢だったように現実に戻る感じがする。全部夢だった。大好きというか腐れ縁というか幼馴染というかよくわからない縁で、ことあるごとに撮っていたバンドが解散した。ネットを見ると解散したのは本当らしい。終わったあと「10年ぶりに集合したのが 高円寺 UFO CLUB なの現実味がないな」的な発言をしていたのだけど、それがまだ “こっち” と “むこう” を繋いでいる。あの日だけでこの先、人生がどう転んだとしても絶対プラスにしかならない。そういう日を何回も経験している。写真があったから。写真があって良かった。いるはずじゃなかった場所にいられる、会うはずじゃなかった人に会っている、誰も教えてくれない気持ち良さを僕は知っている。

帰ってきてから車(水色のラシーン、ドラえもんブルー、いつかのサマーソウル)/ 着るものも身につけるものも青がいい。いつからだろう。誰の影響だろう。幼い頃は赤が一番好きたっだ。あの頃から女の子に憧れていた節があった。赤を身につけていると女の子みたいに言われて、たぶんディスられてたのだろうけど嬉しかった。でも、あくまで男の子であろうとするから青、男の子であるから、女の子に幻想を抱き続けれるのだ。ネバーエンドブルー。- で彼らの CD を何十回、何百回と聴いている。

ワンピースが一番服として好きだ(フタツククリをいつか着てみたい)。普通に着れるようになって欲しい。日本では服がなくならない気がするから安心する。そのうち服がなくなるんじゃないか、タバコのような嗜好品になるんじゃないか、ってなってふと不安になる。ゾゾスーツってものが普及して(見た目が僕たちが想像している、間違っているかもしれない未来の服そのもので良い)何でも自分にぴったりなものがど真ん中にくる未来が怖い。間違いがなくなるのが怖い。ひとつの服を超大量に作っている会社にいるのだが、既製服の面白さは、着る人によって、変な誤差・ズレが生じること。既製服ですらズレるのが怖いって未来が怖い。服が永遠に続くようにするためにこの会社にいる(とか言ってみるけど、ただの下っ端だ、底辺)。

3日前、6日。突然に(決まっていたことだけど)一人暮らしになった。まだ実感がない。やったー自由だーみたいなことになるかと思っても、やることは Netflix、ポケモン、映画館くらいで予想以上に一人でやることがない。急に始まった半年間の同棲生活(職場も同じだったので24時間同じ生活)の間に、あんなに得意だった一人遊びが出来なくなってしまっている。リハビリ。このことはまた後日。

よっしゃ!給料出た!(あんなに働いたのにこんなもん?)まあいっか! 可愛いの買っちゃお〜!(いつまで続く魔法(リボ)生活!)

アオキ ユウタ / アオキ ユウタ
写真家☆未満

1993年生まれ。沖縄在住。大学時代、rainroots(愛知)にて写真を覚える。 2017年8月25日から9月末まで rainroots(愛知)にて 写真展「コンビニ・アイス」を開催。9月27日(水)より PARK GALLERY(東京・末広町)にて 平松市聖、サユリニシヤマとの3人展に参加(10月9日まで)

TOP

関連記事

コンビニ・アイス #08

コンビニ・アイス #08

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #08 「ぴゅあぴゅあはーと(ネット仮想自由恋愛と現実はどこだ)」 どうも~1日を強制的に2日にした自作夏休みの反動で未だに体調が全快しない毎日を…

つづきをよむ

2018.09.14 FRI

こらむ

2018.09.14 FRI    |    こらむ

コンビニ・アイス #07

コンビニ・アイス #07

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #07 「脳内麻薬としてのハンバーガー、α世界線としてのハイライト」 仕事中、ゲップを何回もしながら、さっき食べたハンバーガーの味に想いを馳せてい…

つづきをよむ

2018.06.19 TUE

こらむ

2018.06.19 TUE    |    こらむ

コンビニ・アイス #06

コンビニ・アイス #06

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #06 「記憶を擦り切らして日々は続く!(続かないことを知っている!)」ここは輝き続けるチョコ・ドーナツ編 「永遠に片思い:現実的な両想い」という…

つづきをよむ

2018.04.10 TUE

こらむ

2018.04.10 TUE    |    こらむ

コンビニ・アイス #04

コンビニ・アイス #04

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #04 「むすびに代えて」(展示について・写真について・近況) 9月27日から今日まで PARK GALLERY での展示「アイディ」を見ていただ…

つづきをよむ

2017.10.12 THU

こらむ

2017.10.12 THU    |    こらむ

コンビニ・アイス #03

コンビニ・アイス #03

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #03 「前日談的なもの、或いは恋愛論」(魅惑の台風飲みは秒読み) あぁ! 無差別に誰かおごりたい! 師匠と呼ばれたい! いや、師匠と呼べる存在が…

つづきをよむ

2017.09.21 THU

こらむ

2017.09.21 THU    |    こらむ

コンビニ・アイス #02

コンビニ・アイス #02

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #02「架空服(食べ放題ファミレスは簡易ディズニーランド」 あんなにも憧れていた〆切に追われる生活だァアと、脳内でハイになりながらガスト食べ放題を…

つづきをよむ

2017.09.04 MON

こらむ

2017.09.04 MON    |    こらむ

コンビニ・アイス #01

コンビニ・アイス #01

Column by : アオキ ユウタ

コンビニ・アイス #01「自家チョコミント(寝る前の歯磨きの後にはチョコレートを!)」 何度目かの『最高の離婚』をみて、やっとの覚悟で歯医者に来ている。順番が来るの…

つづきをよむ

2017.08.22 TUE

こらむ

2017.08.22 TUE    |    こらむ

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。
自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。
おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。
お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。
気軽に まで、お問い合わせくださいませ。

TOP

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。

自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。

おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。

お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。

気軽に まで、お問い合わせくださいませ。