よむ DAYZ.

メニュー

おいしいだいずでくらしをゆたかに

loading

そんなこともあったね 003「今は存在しない春巻きのこと」

2017年6月14日(水)
写真 / ともまつりか , 文章 / みち

そんなこともあったね 003「今は存在しない春巻きのこと」

駅から十五分くらい歩いたところにある映画館へ一緒に行ったのは去年の冬のこと、その日は晴れのわりに風がキンと冷たかったので、滅多に乗らないバスに乗ったのだった。

「眩しい」と友人が窓を見やり、そこから、本当に眩しいひかりが差してくる。外にいた時より不思議とつよいひかりのように感じる。高いビルの横を過ぎるたび一瞬ひかりが遮られ、また差す。繰り返す。

「春巻き食べたい」と友人が言う。
「映画の後食べに行く?」
「春に食べたいからなあ」
「秋でも冬でも食べたらいいのに」
「春に食べるのが好きだから」

言う友人の表情は、なんというかあまり見たことのないそれで、春の春巻きは私の知っている春巻きとは違うのかもしれないと思った。引き下がる。

映画の後はしゃぶしゃぶを食べて帰った。くつくつ沸く湯に薄桃色の豚肉をさらりと泳がせる時、友人が「そよそよ~」とか「す~い」とか言うので笑ってしまった。

六月のはじめ、また同じ映画館に友人と出掛けた。暑いくらいにあたたかいのでバスには乗らずに。雄大な自然の中で熊の夫婦が人間の子どもを育てる映画だった。隣で友人が鼻をすする。「ああ彼女も泣いているのだな」という事実がこちらの涙を誘う。私たちはそういうふうに互いに作用しながらこれまでを過ごしてきた。

熊の話をしながら駅まで歩いていると、友人が「天気いいね、眩しいね」と言った。その途端冬のバスでの会話が頭を過ぎり「そういえば春巻き食べたの?」と訊くと、「窓全開の部屋で、自分で揚げたやつ食べたよ」と答えた。それはそれは美味しかったのだろうなという顔で。私は今の今まで冬のバスでの会話のことなどすっかり忘れていて、春になってから一度も春巻きを食べなかった。今はもう初夏というかんじだと思う。歩いている今、肌は薄ら汗ばんでいる。

春、ほの暖かい柔らかな風を受けながら、揚げたての、熱々の、ざくりと音の立つ春巻きを食べる友人のことを思った。年中食べられるものだって、「その時でないと」ということがある。冬の日に春巻きの話をしたこと、春に食べる春巻きの美味しそうなこと、次の春まで覚えていたい。覚えていられる日々でありたい。会話の端々を手に捉えながら、時折思い返せるような、穏やかな日々。

そんなこともあったね 003「今は存在しない春巻きのこと」

駅から十五分くらい歩いたところにある映画館へ一緒に行ったのは去年の冬のこと、その日は晴れのわりに風がキンと冷たかったので、滅多に乗らないバスに乗ったのだった。

「眩しい」と友人が窓を見やり、そこから、本当に眩しいひかりが差してくる。外にいた時より不思議とつよいひかりのように感じる。高いビルの横を過ぎるたび一瞬ひかりが遮られ、また差す。繰り返す。

「春巻き食べたい」と友人が言う。
「映画の後食べに行く?」
「春に食べたいからなあ」
「秋でも冬でも食べたらいいのに」
「春に食べるのが好きだから」

言う友人の表情は、なんというかあまり見たことのないそれで、春の春巻きは私の知っている春巻きとは違うのかもしれないと思った。引き下がる。

映画の後はしゃぶしゃぶを食べて帰った。くつくつ沸く湯に薄桃色の豚肉をさらりと泳がせる時、友人が「そよそよ~」とか「す~い」とか言うので笑ってしまった。

六月のはじめ、また同じ映画館に友人と出掛けた。暑いくらいにあたたかいのでバスには乗らずに。雄大な自然の中で熊の夫婦が人間の子どもを育てる映画だった。隣で友人が鼻をすする。「ああ彼女も泣いているのだな」という事実がこちらの涙を誘う。私たちはそういうふうに互いに作用しながらこれまでを過ごしてきた。

熊の話をしながら駅まで歩いていると、友人が「天気いいね、眩しいね」と言った。その途端冬のバスでの会話が頭を過ぎり「そういえば春巻き食べたの?」と訊くと、「窓全開の部屋で、自分で揚げたやつ食べたよ」と答えた。それはそれは美味しかったのだろうなという顔で。私は今の今まで冬のバスでの会話のことなどすっかり忘れていて、春になってから一度も春巻きを食べなかった。今はもう初夏というかんじだと思う。歩いている今、肌は薄ら汗ばんでいる。

春、ほの暖かい柔らかな風を受けながら、揚げたての、熱々の、ざくりと音の立つ春巻きを食べる友人のことを思った。年中食べられるものだって、「その時でないと」ということがある。冬の日に春巻きの話をしたこと、春に食べる春巻きの美味しそうなこと、次の春まで覚えていたい。覚えていられる日々でありたい。会話の端々を手に捉えながら、時折思い返せるような、穏やかな日々。

Photo by  / ともまつ りか
フォトグラファー

東京のインディーズロックグループ、carpool のベース。写真撮ります。フジロッ久(仮)、カネコアヤノ、花泥棒のアーティスト写真など。

text by  / michi
エディトリアルデザイナー

1992年山形県生まれ。東京都在住。
エディトリアルデザイナー。三姉妹の次女。

TOP

関連記事

そんなこともあったね 002「とりとめのない昼の爆発」

そんなこともあったね 002「とりとめのない昼の爆発」

Column by : ともまつ りか , michi

 目が覚めると私は友人の家にいて、友人のベッドの上でうすい毛布に包まれていた。吸った一息があたたかいので、昼が近いくらいだなと思う。私が友人の家に泊まりに行くことは…

つづきをよむ

2017.03.22 WED

こらむ

2017.03.22 WED    |    こらむ

そんなこともあったね 001「卵焼き」

そんなこともあったね 001「卵焼き」

Column by : ともまつ りか , michi

実家は山の中にあって、いちばん近い駅までも、歩いたらけっこうな時間がかかった。 電車は東京で走っているそれに比べて車両が少なかったし、ボタンを押さないとドアが開かな…

つづきをよむ

2017.02.13 MON

こらむ

2017.02.13 MON    |    こらむ

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。
自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。
おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。
お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。
気軽に まで、お問い合わせくださいませ。

TOP

編集者・スタッフを募集しております。

おいしいだいずでくらしをゆたかに「DAYZ.」では、取材をお手伝いしてくれる編集者やライター、おもしろい企画を考えてくれるディレクターや、さまざまなジャンルのスタッフ・クリエイター・アーティストを常に募集しております。

自由な発想で、好きな土地で、好きな時間に活動いただけます。

おいしいものが好きなひと、街やひとが好きなひとなど、募集しております。

お住まい・経験・年齢は問いません。何ができるかわからなくても構いません。

気軽に まで、お問い合わせくださいませ。